アメリカで就職アメリカで就職

アメリカで就職というのは、分かっているようで、意外にも知らない事が多くあるのです。意外と知らなかったアメリカで就職についての知識を紹介しています。

アメリカでの就職について

アメリカで就職

かなり日本とアメリカの就職事情は異なる部分が多いといいます。
学歴にとても重きが置かれるのが、アメリカでの新卒者の就職だという部分がかなり差があるところです。
最近日本で多くなってきているのが、就職での学歴偏重を払拭するためれに、学歴一辺倒ではない採用基準をとっている会社です。
大学院を卒業していても就職に有利になるわけではありません。
院卒者の初任給も新卒者と同じくらいという会社が一般的だといわれています。
入社後伸びる将来性を一番に考え、業務知識があるかないかは関係ないポテンシャル採用が、日本の企業採用の特徴です。
これに対して、修士号や博士号を持っている方がアメリカでは就職にメリットがあります。
新卒者でも専門的な技術と実務経験を持っている、即戦力であることを重視します。
ポイントになるのが大学の専攻内容で、同時に成績も重要となります。
アメリカでは新卒者で銀行に採用される人のほとんどが、ビジネス専攻、経済学専攻、ファイナンス専攻の人となっています。
一方日本では、どの学部で学んだかはあまり重視されません。
大学時代の成績もアメリカの就職では重視されるので、一生懸命大学生は勉強に取り組みます。
アメリカで就職に関係してくるのは、たくさんの量の宿題をこなし、レポートや課題をこなして、積極的な発言が求められる授業に出出ていい成績を残すことだといえるでしょう。

アメリカではインターンシップを利用しての就職を

アメリカで就職

就職を新卒者がアメリカでするときに、かなり重要な位置を占めるのがインターシップ制度です。
研修生として学生が企業などで実際に仕事をするのが、インターシップ制度です。
就職を有利にするために会社に自己PRしたり、自分の適正を判断したりするものです。
アメリカでは、学生インターンの多くは無給で、大学入学時から職場体験のために入ります。
卒業までインターンを継続することで、正社員として不可欠なレベルまで能力を向上することができるのが、アメリカのインターンです。
高校生のころから夏休みを活用して積極的にインターンに取り組む生徒もアメリカにはたくさんいるといいます。
能力があるとインターンした会社で判断されて、そのまま内定をもらう人もたくさんいるといいます。
学生が就職をするためにインターンをするのは、アメリカでは当たり前になってきているのです。
たとえ新卒でも、アメリカの企業に求められる人材は、すぐに仕事ができる能力のある人です。
学生のうちからインターンとして来てもらい、卒業までに即戦力として育成し、卒業と同時に採用するという方法がアメリカでは一般的です。
インターンの制度は日本にもありますがまだ知られていないことが多く、ほとんど就職につながることはないといいます。
新卒採用とインターンは、アメリカの就職では深く関係しているといえます。

アメリカでの就職にはソーシャルメディアを活用する

アメリカの就職活動の特徴は、インターネットを使うことがとても多いことです。
応募書類の提出やエントリーをメールで行っている会社も案外多いようです。
スカイプや電話を採用面接に活用しているところもあるといいます。
アメリカの国土が広大であることや、人材を世界各地から採用することがあることに関係しています。
ニューヨーク、ロサンゼルス、シリコンバレーとアメリカの都市は国内のあちこちにあります。
それぞれの都市まで採用面接の度に出向いていたら、飛行機の費用が膨大になってしまいます。
近ごろではソーシャルメディアといわれるFacebookやTwitterなどが就職活動で使われているといいます。
採用の可能性がソーシャルネットワークを使って就職活動をすることで、より高くなるという調査結果も出ています。
世界中のどの人とでも今ではソーシャルメディアを利用すれば3人を介せばつながれるという研究結果もあります。
アメリカの就職では、本当に必要な情報は公開情報にはならず、人づてで伝わると言われています。
ソーシャルメディアを積極的に活用して、企業も人材を探しているといいます。
アメリカでは就職のチャンスをつかむために、ソーシャルメディアを使ってセルフブランディングをアップさせておくことは、大事ことではないでしょうか。

アメリカでの就職とビザについて

ビザの期限や種類については、アメリカで就職を希望する時には考慮しておきたいことです。
外国の中には、滞在にピザが必要なところがあります。
勉学や仕事のために、その国にしばらく留まりたい人用です。
アメリカの場合は、3ヶ月以内の商用や観光目的の為の滞在の場合は、特にビザは必要ありません。
つまり、仕事のためといっても、3カ月以上働くつもりであるならば、ピザなしでの入国は不法になってしまいます。
専用のピザがいることになります。
アメリカでも、ピザを持たない人が3カ月以上不法に滞在して労働をしていることが、問題になることがあります。
ですから、アメリカでの就職を考えているならば、ビザ問題をクリアにすることが大切です。
就職した会社や職種にもよりますが、たいていの場合は、労働ビザが必要になります。
この労働ビザを取得するためには、一般的には弁護士や、その代行をしてくれるエージェントに頼む事が多いようです。
労働ピザ得るために必要な書類や、申込みの手続きは煩雑であり、慣れないとどうしても戸惑ってしまいます。
個人でもできなくはありませんが、頼んでしまった方が時間短縮にもなったり、早く取れるなどいろいろとメリットが多いからです。
労働ピザをアメリカで取得するのはどの程度の作業が必要か、もしくは会社が一切の処理をやってくれるものとして、ピザに関しては任せてもいいのかなどをあらかじめ確認しましょう。
様々な苦労が、アメリカで就職をするためには起きてくるかもしれませんが、それでも、すべきことを一個一個こなしていくことが大事です。
※重要語「アメリカ」「就職」を繰り返し記述する海外の仕事の紹介会社を利用する場合は、事前に口コミや評判などをよくチェックして、安心して利用できる紹介会社を見つけることが大切です。