職業別 仕事職業別 仕事

巷で噂の職業別・仕事について説明しています。職業別・仕事を勉強したい方向けに、簡単なことから紹介しているサイトです。

医者の仕事と収入

職業別 仕事

実際はどうなのかわかりませんが、医者は高収入の仕事というイメージを持つ人が多いようです。
医師のボーナスを含む推定年収は1,000万円を超え、平均月収は88万円ほどであるという、統計資料もあるそうです。
本当のところは年齢や勤務状況によって大きく異なるようですが、高収入の仕事であることは事実だといいます。
国家試験にパスしたばかりの研修医は、やはり高収入とはいえません。
過去の研修医の月収は10万円以下という場合もあったそうです。
国からの勧告により、2004年度からは月収30万円程度になるようになっています。
急激に高い収入を得られるようになるのは、一人前の医者に研修医を終えてなれた場合です。
大学病院に入るか、民間の病院で勤務するか開業医になるかによっても変わってくるのが医者の収入です。
単純に医者と言っても、外科系が高収入の仕事となり、歯科や眼科は低額の傾向がありますので、収入は診療科によっても違ってきます。
30代に入るころ、どんな形で仕事をするかで高収入になるかは異なります。
高収入の仕事として、開業医として成功すればやりがいを感じるかもしれません。
一般企業のエリートサラリーマンのほうが最終的には高収入になることがあるのは、医者の仕事は50代から年収はそれほど上がっていかない傾向ああるためです。

社会保険労務士の仕事と収入

職業別 仕事

社会保険労務士の資格を取得すると、高収入の仕事をすることが可能だといいます。
社会保険労務士とは、社会保険や労務管理の専門知識を持った人です。
独立してもいいですし、社労士事務所を開業したりできますし、金融機関でも重視されています。
高収入の仕事についているかは人それぞれですし、社会保険労務士の資格の生かし方も職場環境によります。
社会保険労務士の平均年収は760万円という資料があります。
高収入というからには、もっと高いものと思われがちです。
450万円の年収で働いている人もいれば、年収にして3000万円を得ているという人もいます。
結局、社会保険労務士の資格があることを前提として、その人がどんな会社でどんな仕事をしているかが論点になるのです。
社会保険労務士の資格を得て働いている人には、会社勤めの勤労社労士と、開業している開業労務士がいて、両者には大きな差があります。
高収入になる可能性があるのは開業した社労士です。
大小様々な企業と取引をして、顧客数を増やして仕事が増加すれば、高収入になっていくというパターンが多いようです。
高収入の仕事をしている社会保険労務士も実在します。
とはいえ、社会保険労務士の資格が取得できたら常に高収入の仕事になるということではないようです。

中小企業診断士の仕事と収入

中小企業診断士の資格があれば高収入の仕事ができるという判断で、資格試験に臨んでいる人がいます。
中小企業診断士の仕事は、中小企業が抱える経営的な問題に対してアドバイスをすることです。
中小企業の成長のために必要なことや、すべきことをアドバイスします。
資格試験は年に1回実施されており、難易度の高い国家資格として知名度の高い資格です。
通信教育や資格取得のために通う学校の紹介では、中小企業診断士の資格は年収1000万円にも届く仕事をすることができる人気の資格であるとなっています。
年収1000万円という数字が高収入と感じるかは人それぞれでしょうが、中小企業診断士の資格を取得した人でも仕事の内容で年収は様々のようです。
中小企業診断士の資格を持つ人の年収は、3000万円から450万円と仕事によって違います。
中小企業診断士の事務所を独立開業することで高収入を得ている人もいます。
中小企業診断士の資格を持ちながら企業勤めをしている人は、その会社によって年収が左右されます。
ただ、普通のサラリーマンよりは福利厚生などの待遇面は優遇されている仕事が多いようです。
今後残っていくことができるかは、中小企業には死活問題といえるでしょう。
必ずしも高収入の仕事につけるとは限りませんが、中小企業診断士の資格は今後日本企業にとって必要とされるものでしょう。

銀行員の仕事内容

銀行に勤める銀行員の仕事はどのような内容なのでしょう。
銀行の儲けの仕組みは、お金を一般のお客から預かってそれを個人や会社へ貸し出したり、為替や有価証券を利用するというものです。
銀行員の仕事内容は、お金を預かったり預金のアドバイスをしたり、企業や個人にお金を貸し出したり、手形や小切手を扱うことなどです。
ほんの少し前までは、銀行員という職種は特別で、世間の人が憧れる職業が銀行員だった時代もあったようです。
吸収合併を繰り返している銀行では、最近仕事内容もバラエティに富んでいます。
預金の受け入れや貸し出しが銀行員の仕事というのが、ほとんどの人のイメージではないでしょうか。
銀行ではお客からの預金を集め、現在ではごくわずかな額ですが金利を払っています。
実はとても大きな金額のお金を動かしているのが、銀行の外回り営業の仕事です。
契約数によるノルマがあったり、残業や早朝出勤による仕事も多く、仕事内容は決して楽ではありません。
それぞれの銀行で投資信託など金融サービスもさかんで、顧客にサービスをたくさん利用してもらうという内容の仕事も銀行にはあります。
ほかにも扱っているのが、住宅ローンやマイカーローンなど個人向けの融資です。
融資業務を行う銀行の融資係は、ぶ厚い規定集を使って行うことがその仕事内容だそうです。

総務の仕事内容

総務の仕事は会社の規模や内容によって異なり、求められる能力も広範です。
庶務や人事、経理などの仕事も内容に入っていることもあるといいます。
人材の募集や採用、解雇、会社の法務手続き、取引内容や権利関係の契約書の管理なども総務が行います。
広範囲にわたる総務の仕事には、建物管理業務といって建物の不具合を扱うものや、設備管理業務といって建物に設置されている電気、ガス、水道やエレベーター、トイレや空調の維持管理をするものもあります。
コピー機や、文具、ファイルなどの備品の補充やメンテナンスもしています。
社内にあるキャビネットや机、椅子などの管理や移動、追加、廃棄なども大事な総務の仕事内容です。
電話やインターネットなどの通信環境の管理や、防犯・防災対策なども総務の仕事内容です。
社外に出て業者の選定や折衝、打合せなども、環境整備を行うためにしなければなりません。
社員一人一人が働きやすい環境を作ることが総務の仕事といえるでしょう。
総務に必要不可欠なのはいろいろな知識ですが、案外難しいのが、人事査定時の目標を決定することです。
社外とのやり取りも、社内の調整に限らず多数ありますので、不可欠なのがビジネスマナーやコミュニケーション力です。
このように総務という仕事は多種多様な能力が求められるのでけっしてラクではありませんが仕事としての面白みは充分にあるといえます。

秘書の仕事内容

秘書の仕事内容は、組織あるいは上司を補佐することです。
グループ秘書とマンツーマンの秘書とがいるのが特徴です。
仕事は大別して、定型的業務と非定型的業務があります。
普段から当たり前のように行うのが定型的業務という仕事です。
挨拶状や贈答品の支度、オフィスの中を片付けて環境を整える、車の手配をするなどの仕事です。
中心となる秘書の仕事内容は、スケジュール管理をすることです。
事前に整えるのが会議の打合せや取引先訪問、出張などの上司の予定です。
突然入るいつもの仕事以外にやるべきことが非定型的業務というものです。
災害や犯罪が起きた時への対応や、突然の来客、予定の変更などがこれに該当します。
きちんと秘書の仕事内容に対応するために必要なのは、多岐にわたる知識だではなく、急なことにあわてることなく対応できるスキルだといえるでしょう。
上司の職権をおかさない範囲内で、上司が職務に専念できるように心配りをするのが秘書の仕事内容です。
情報を正確に伝達する表現力が上司や関係者とをつなげる役として働く秘書の仕事にはなくてはならないものです。
秘書にとって不可欠なのは仕事の内容は当たり前ですが、加えて取引先などの会社名や担当者の名前、顔などを覚えておける記憶力ではないでしょうか。
どんなことにもチャレンジでき、自分の力で行動をおこし、的確な判断ができるような人が合っているのが秘書の仕事内容だといえるでしょう。