借金返済 弁護士 司法書士

全国や地方在住の人が債務・借金の相談するならココ!

借金をどうにかしたい

全国や地方で多重債務や借金などお金の悩みを相談する場合、どこがいいのか決めかねていませんか?
どうせ相談するのであれば、優秀な司法書士や弁護士が相談にのってくれる法律事務所や法務事務所を選びたいもの。
当サイトでは、インターネットで無料相談が出来る、オススメの法務事務所や法律事務所を厳選して紹介しています。
もちろん全国や地方の方もOKですし、相談は無料なので安心できます。
直接相談をいきなりするのは少し不安、と思っている人にもオススメです。
借金返済・多重債務で困ってるなら、まず司法書士・弁護士に相談して、最善策を探してみませんか?

債務整理・借金の相談を全国や地方に住んでいる人がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

全国や地方の借金返済問題の相談なら、こちらがおススメです。
弁護士が対応してくれて、しかも全国に対応している弁護士事務所。
初期費用が無料なので、現在の手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士代金の支払いは、分割払いでもOK。
弁護士への相談料金はもちろん0円!
借金の督促をSTOPすることもできます。
過払い金、任意整理、自己破産、個人再生、など、債務や借金の悩みについて相談できます。。
しかも、窓口では24時間365日、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(通話代0円)で相談受付が可能なので、借金返済で困っている人も今すぐ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国に対応している、過払いや借金の悩みが相談できる法務事務所。
任意整理、自己破産、個人再生など、自分に適した方法で借金や多重債務の問題を解決していきます。
それと、過払い金の請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から費用を精算できます。
任意整理においても、和解成功報酬・減額報酬などは一切支払わなくてよいので、お得に解決することが可能です。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の方でも安心して相談できることでしょう。
まずはお気軽に無料相談からいかがでしょうか。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

全国や地方の方が債務整理・借金の相談をするならまず、これもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という、ネットでできる借金解決のための診断ツール。
カンタンな質問に答えるだけで、どうやって借金を減らすかの方法や、月の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士へ直接相談するのは、ちょっと怖い。
そんな方にピッタリです。
しかも無料&匿名で使えます☆
全国に対応しているサービスなので、全国や地方在住の人も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすか分かる!
  • 月々の返済金額がいくらになるのかが分かる!
  • 匿名・無料で利用できる!
  • 全国対応!
あなたの借金・債務の悩み、無料&匿名で診断・相談してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の相談と診断を、無料&匿名で。



弁護士へ相談前の注意



全国や地方近くの他の弁護士・司法書士の事務所を紹介

全国や地方には他にもいくつかの法務事務所や法律事務所があります。これらも参考にしてみてください。




地元全国や地方の法律事務所や法務事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ですが、いきなり直接相談するより、ネットでの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、気後れせずに相談できるのではないでしょうか。

借金返済の問題に全国や地方に住んでいて困っている状態

クレジットカードのリボ払いや消費者金融などは、かなり高額な利子がつきます。
15%〜20%もの利子を払うことになります。
住宅ローンの利子は年間0.6%〜4%ぐらい、マイカーローンでも年間1.2%〜5%ぐらいですので、すごい差があります。
そのうえ、「利息制限法」ではなく「出資法」をもとに金利を設定するような金融業者だと、金利0.29などの高利な利子を取っていることもあります。
ものすごく高い利子を払いつつ、借金は増える一方。
借金をしたのは自己責任なので仕方ないですが、金額が多くて金利も高利という状態では、完済は厳しいでしょう。
どうやって返済すればいいか、もう何も思い付かないなら、法律事務所や法務事務所に相談してみてはどうでしょう。
弁護士・司法書士ならば、借金・お金問題の解決策をきっと考え出してくれるでしょう。
長期返済の計画かもしれないですし、過払い金の返還で返す金額が減額するかもしれません。
まず相談する、これが解決のための始めの一歩です。

借金の減額請求って、なに?|借金返済

多重債務等で、借り入れの返金が大変な実情に陥ったときに有効な手法の1つが、任意整理です。
現在の借入の状況をもう一度確認し、過去に利子の払い過ぎなどがあるなら、それらを請求、若しくは現状の借入と差引きして、さらに今の借り入れにつきましてこれからの利子を圧縮していただける様お願いしていくという手法です。
只、借りていた元本につきましては、しかと返済をしていく事が基本になって、利息が減額になった分だけ、前よりも短い期間での返金が基礎となってきます。
只、利息を返さなくてよい代わりに、月ごとの払戻し金額はカットされるのですから、負担は減少することが一般的です。
ただ、借り入れをしてる金融業者がこの今後の利子に関する減額請求に応じてくれないと、任意整理はきっと出来ません。
弁護士にお願いしたら、絶対減額請求が通ると思う人も大勢いるかもしれませんが、対処は業者により種々であり、対応してない業者というのも在ります。
只、減額請求に応じない業者はもの凄く少数なのです。
従って、現に任意整理を実施して、消費者金融などの金融業者に減額請求をすることで、借入れの心配が随分減るという人は少なくないでしょう。
実際に任意整理ができるだろうか、どれくらい、借金の返金が圧縮されるかなどは、先ず弁護士の方に相談してみる事がお勧めでしょう。

自己破産にはやっぱりリスクがある?/借金返済

率直に言えば世間で言われている程自己破産のリスクは少ないです。高価な車やマイホームや土地等高価格な物は処分されるが、生きるうえで要る物は処分されないです。
又20万円以下の貯金も持っていても問題ないのです。それと当面数カ月分の生活するうえで必要な費用一〇〇万未満なら取り上げられる事はないです。
官報に破産者のリストとして掲載されるのですがこれも極わずかな人しか目にしてません。
また言うなればブラック・リストに掲載されてしまって7年間ほどローン、キャッシングが使用できない状況になるでしょうが、これは仕方の無い事でしょう。
あと定められた職種につけないということがあります。しかしながらこれも極僅かな限られた範囲の職種です。
したがって債務超過で返金することの出来ない借金を抱えこんでいるのなら自己破産をするというのも一つの方法でしょう。自己破産を行った場合これまでの借金がすべてチャラになり、新たに人生を始めると言うことでメリットの方がより多いと思われます。
又自己破産者は公法上の資格制限とし公認会計士、司法書士、税理士、弁護士等の資格は停止されるのです。私法上の資格制限として保証人、遺言執行者、後見人にもなれないのです。また会社の取締役等にもなれないのです。ですがこれらのリスクはおよそ関係ない時が多いのじゃないでしょうか。リスクは余り大きな物では無い筈です。

関連するページ