イレギュラーも風俗にはツキモノ。

あらあらまあまあ、今回もやって来た奇特な皆さんこんにちは。初めましての奇特な方もこんにちは。いやいやたまたま辿り着いただけなので・・・と誤魔化そうとしても時すでに遅しです。人生の先輩レイコって一体全体どういう奴なんだ?と言わんばかりの顔が見て取れます。いえ全くもって見えていないけれど。
さてさて、前回「あの人生の先輩レイコの秘密」でも明かしてしまおうとか今世紀最大の爆弾発言をしたのですが、秘密は明かされないから秘密であって明かしてしまったら秘密というカテゴリーから離脱してしまうということに後々になってから気が付いたお茶目なレイコさんです。さて、どうしたものかしら。ここはやっぱり「秘密ということが秘密です」なんておちゃらけてみるのも一興でしょうか。なんだかんだ言って秘密は墓場まで持って行こうと思うので、とりあえず風俗での軽い経験談でもしておこうと思います。
あれはそう・・・まだ風俗の世界に入ったばかりの頃、自分のことをイケメンだと豪語する客がやって来たの。これ以上ないほどの普通っぷりなのに。言うべきか悩んだものの、やたらと「イケメンの俺が言うんだから~」とか「俺はイケメンだから~」ってウルサイものだから、つい『中の下よね』と冷めた調子で言ってしまったわ。やらかしたかしら?と思ったのだけれど、なんとその男・・・究極のドMだったのよ。それ以降「もっと罵って!」とせがまれて大変だったわ。まぁ色んなお客さんが居るってことよね。
さてはて、とびきり珍しい話をしたところで次回はどうしようかしら?まぁ何かあれば書いてあげるので見れば良いんじゃないかしら?いえいえ、ちょっと上から目線ではありませんよ。ちょっとしたジョークです。そんなわけで見てください。お願いします。

Leave a Reply

free blog themes